NEWボクシングクラブのブログ

会長&スタッフによるブログ。 最新情報を要チェック!

愛媛県松山市にあるボクシングジムです。
おかげさまで18周年を迎えることができました。
会長はアマチュア経験20年、戦歴100試合以上。
筋トレやボディメイクもお任せ下さい!
http://www.new-boxing.com

先日、筋トレ後の写真を
久々に撮ったので載せますᕦ(ò_óˇ)ᕤ



2016-07-23-21-49-45


2016-07-23-21-53-07


2016-07-23-21-50-35


2016-07-23-21-48-36


2016-07-23-21-51-52

(身長170cm)
■ 現在の体重:67kg
■筋トレ:1回2時間×週5日
■食事:1日4食
■間食:1日2回
■プロテイン:1日4回



食事とプロテインの量を増やし
体重が約1年前より3kg増量
なので腹筋が前より割れてないのは気にしないで下さい


『アスリートでもないのに
なぜそこまでして筋トレをするの⁉️』

と思われる方もいると思います。

自分が筋トレをする理由は、
見た目を良くしたいというのはもちろんですが、
①健康であるため
②若々しくあるため
③腰痛・肩こりなどの予防のため
でもあります


健康であるためには
食生活・生活習慣・睡眠の質ももちろん肝心ですが、
筋トレをすることで免疫力がアップし
さらなる病気の予防につながります。


因みに自分は、以前かなり風邪をひきやすい体質でしたが、
現在ではほとんどひくことがなくなりましたし
相当酷かった花粉症も改善されました

これは食生活を改善した事と、
筋トレの相乗効果で免疫力がアップしたおかげだと思っています


また筋トレによって
■若返りホルモン(=成長ホルモン)が分泌され
肌質や髪質改善など
アンチエイジング効果があります


■バランス良く筋肉を鍛えることで姿勢が良くなり
腰痛・肩こりの改善や予防にもなります


■血行も良くなり
冷え性や偏頭痛の改善も期待できます


■有酸素運動だけでは叶わなかった
引き締め効果や

ヒップアップ・バストアップ効果もあり
補正下着も不要に

■筋肉量が増えると基礎代謝が上がり
血糖値の上昇も抑えられ
食べても太りにくく、リバウンドしにくい身体に



なのでダイエットしたいという方はもちろん、
そうでない方も
筋トレにより得られるメリットがこの他にも沢山(*^▽^*)


ウチはボクシングジムなので
ボクシングがしたくて入会する方が多いですが、
『別に試合に出る訳でもないし、
目標も特にないしなんだかなぁ〜
と思われてる方や
マンネリ化している方には筋トレをオススメしています٩( 'ω' )و


筋トレには限界がなく
例え80歳であってもトレーニングにより
筋肉が増えることが証明されています


なので現在全く運動をしてないという方は
自宅で少しずつで良いので自重トレーニングなどされることをオススメします

『やり方が分からない
『今やってる方法で正しいかどうか不安

という方は、
1度ジムに体験にでも来て頂ければ
自宅で誰でも簡単にできる
自重トレーニング方法をレクチャー致しますのでぜひお気軽にご相談下さい


 

■Q. 子どもに習わせたいのですが、何歳から始められますか?

A.集中力があれば何歳からでも始められますが、あまりにも小さいと難しいかもしれません。
今までの最年少は5歳です。
縄跳びが出来るようになる小学1年生前後から始める方が多いです。




■Q. ボクシングに通ってケガをする恐れはありませんか? 


A.可能性は低いです。
もしケガをする機会があるとすれば、スパーリング(リングでヘッドギアをつけるなど防御用の配慮をした上で相手と実戦のように戦う)の場面ですが、ある程度技術を習得したのちに、本人が希望して保護者と会長の許可が出た場合のみに、会長の立会いの下で行われますのでご安心下さい。



■Q.トレーニング内容は大人と子どもで違いますか?

A.内容的には異なりません。
子どもの場合は練習量を減らしたり、休み休み練習することが多いです。




■Q.ボクシングを習うと喧嘩好きになる、不良になるという事はありませんか?

A.ありません。
むしろ、自分の力がどのくらいかわかってきますし、攻撃性が練習で発散されるので、暴力を自制するようになります。
 



 

■Q. 武道を習わせるか、ボクシングに通わせるか迷っているのですが、どう違うのでしょう?

A.多くの武道では、決まった時間に集団で練習をしますが、ボクシングジムでは、好きな時間に来て、会長やトレーナーによる指導やミット打ち(ミットを持った指導者の指示に合わせてミットを打つ)やマスボクシング・スパーリング以外は、基本的に一人で練習します。

また、武道では型を重視する(決まった動作を一人、または相手と繰り返す)ことが多いですが、ボクシングでは自在にパンチを出すトレーニングを重視します。

武道によっては足技がありますが、ボクシングは手によるパンチのみで、足はフットワークと上体を安定して支える訓練をします。




■Q. 「子どもがボクシングを学ぶ」ということのメリットは何ですか?


A.体力や自信がつくなどもありますが
一番のメリットとして、
子どもに内在する攻撃性を発散できる
ということが挙げられます。

特に男の子に言えることですが、近年までほとんどの男の子は自然の中でたくさんの生き物を捕まえて殺したり集団遊びなどの中で小さな諍いやケンカをして成長するというのが通常の成長の過程であり、恐らくは人類共通の育ち方であったと思われます。

しかし、現代の子どもたちは成長の過程で、体を使って、自分たちの体に内在する攻撃性を発散する場面をほとんど持たずに過ごしています。
このようなことは人類の歴史で初めてのことです。

この点でスポーツは、体を使って相手(チーム)と戦うことで攻撃性を発散した
攻撃性のコントロール能力を高めることに役立ちますが、
特にボクシングは、サンドバックを叩くなど、攻撃性の発散に役立つと思われる練習が多く
子どもの健全な成長に役立つと考えられます。

最近はゲームばかりで自分の体を使わない子どもが増えていますが、シューティングゲームや格闘ゲームだけですと空想のみですので攻撃性がエスカレートする恐れがあります。
しかしボクシングなどで実際に体を動かすと、できることとできないこと、またやってしまったときにどのような被害がでるかなどを
イメージしやすくなってきますので
攻撃性のコントロールに役立つと思われます。

また、ボクシングジムにはさまざまな職業や年齢の人が来ています。
地域社会のきずなが希薄化した今日子どもが多様な大人と接する機会はほとんど失われていますが、ボクシングジムで小さい頃から会長を含め、さまざまな大人と接することは成長においてプラスと考えられます。


単にボクシングを学ぶ、ということだけでなくさまざまな大人と接したりまた何かを叩くという非日常的・本能的な行動をとる場としてボクシングジムは子どもたちの成長に大いに役立つことでしょう。 




image
                        ―――――――――――――――――――――――――――――――
上記は沼田ボクシングジム様のホームページ
【子ども・保護者の方のQ&A】より許可を頂き掲載させて頂いております。
ご協力ありがとうございますm(__)m 
沼田ボクシングジムホームページはこちら→

その他のQ&Aはこちら

FullSizeRender
コロナ感染防止の為、
必ずマスクをご着用の上ご来館下さい。
◾️当ジムでは皆さんに、
①マスクの着用・検温
②定期的な手洗い・消毒
③こまめな水分補給
をお願いしています。


   【利用時間】
月〜金曜日:17:00〜23:00
    土曜日   :17:00〜21:00
※閉館の1時間前までにトレーニングを開始して下さい。

    【定休日】
日曜・祝日・第2土曜日 
お盆・年末年始 

ご予約なしで見学・体験可能!!
ご友人やご家族とご一緒でもOKです◎
お気軽にお越し下さい。

【体験に必要なもの】 
✔︎体験料金1人1回2000円
✔︎運動できる服装 
✔︎室内用シューズ 
✔︎タオル 
✔︎水・お茶・スポーツドリンクなど
✔︎軍手1組(なければ貸出しいたします)

日本人の「平均寿命」は、女性が86.41歳で世界第1位、男性が79.94歳で世界第5位と、世界でもトップクラスの長さを誇るそうです!

これは果たして嬉しいことでしょうか…



知っている人は知っていると思いますが
平均寿命というのは言い換えれば『平均余命』の事で、
平均寿命=健康寿命
ではありません。


実は、日本人の平均寿命と健康寿命は、
現在男女共になんと約10年の差があるそうです!(◎_◎;)

ということは、
【死ぬ前の10年間は何かしらの病気を抱え日常生活に支障をきたしながら生活する】
ということです。
10年って結構長いですよね〜( ºωº )チーン…


その10年間はもしかしたら寝たきりかもしれませんし、人によって様々でしょう。
よくピンピンコロリが良いなんて言いますが実際そうもいかないようですね(-ω-;)

そんな健康面でも金銭面でも苦しい状況になってまで長生きしたい!という人はいないでしょう。
ではそうならない為にはどうするべきか?


『健康診断マメに受けて、早期発見すれば大丈夫!』
『薬飲んでいれば安心!』
という人もいますが、
現代の先進医学では余命を若干伸ばすことは出来ても健康を保つという面では不可能ではないかと考えています。

やはり大事なのは食生活・生活習慣しかありません。


我が家においても現在、このままでは駄目だと食生活の見直しを徹底しています。
改善を始めてからまだ半年程度ですが、花粉症が軽減されたり風邪をひきにくくなったりと徐々に目に見える変化が出てきました(^-^)/

やはり『食』というのは体を作る材料ですからここが全ての基本なのだと思います。

みなさんもぜひ、将来を見据えて今のうちから自分の食生活・生活習慣を見直してみることをお勧め致します*\(^o^)/*



NEW BOXING CLUB
代表  丹生谷 光孝 


51歳の老体にムチを打ちジムワークを行いました










今後は筋トレを程々にして、ジムワークも頑張ります


NEWボクシングクラブ
代表 丹生谷 光孝

このページのトップヘ